メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦A級順位戦 渡辺明棋王-豊島将之八段 第37局の2

 渡辺-豊島戦は、当然A級初顔合わせ。ここまで豊島は5-1で、A級1年生ながら名人挑戦に一番近い位置だった。竜王戦では圧倒的な実績を誇る渡辺も、名人戦は縁がない。しかし後輩に先を越されることはプライドが許さないだろう。

 豊島は、後手としてはかなり突っ張った指し方をしていた。6五の位を取り、9筋も受け、その上で[後]6二金~[後]8一飛の好形が実現すれば、先手は千日手しかなくなってしまうという。

 渡辺の[先]3五歩(図)は、是非はともかく「行くしかない」という仕掛けだった。迎えた本日終了図。豊島は長考に沈んだ。後手にはいくつかの手段があった。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです