メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

角界随想 貴乃花親方、思い聞かせて

 元横綱・日馬富士による傷害事件の発覚から約2カ月。被害者・貴ノ岩の師匠、貴乃花親方を取材するため、昨年11月下旬から連日のように、東京都江東区の貴乃花部屋に足を運んだ。記者になって8年、スポーツを担当する部署に来て9カ月。これほど語らない取材対象は初めてだった。

 最も驚いたのは貴乃花親方の「居留守」だ。昨年12月11日、日本相撲協会の鏡山危機管理部長(元関脇・多賀竜)が文書を手渡そうと、貴乃花部屋を訪れた。貴乃花親方より14歳年上の鏡山部長の4回目の訪問だったが、インターホン越しに女性は「次回からはどうぞファクスをお使いください」と応対した。約2時間後に、貴乃花親方が部屋から出てきて、車に乗り込んだのだ。

 ほとんどの日は、原稿になっても「貴乃花親方はこの日も無言を貫いた」「貴乃花親方は姿を見せなかった」…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文781文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  3. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです