メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第67期王将戦

第1局 豊島、寄せきり先勝

 7日から静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で行われた第67期王将戦七番勝負第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、掛川市・市教委、静岡新聞社・静岡放送後援、掛川信用金庫、ゼロの会、囲碁・将棋チャンネル協賛)は8日午後1時57分、挑戦者の豊島将之八段(27)が久保利明王将(42)に88手で勝ち、初の王将位に向けて先勝した。残り時間は久保30分、豊島4時間22分。第2局は27、28日、佐賀県上峰町の大幸園で行われる。

 7期ぶり2回目の王将戦七番勝負登場となった豊島。前回は一度もリードを奪えなかったが、今期は快勝で開幕局を飾った。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  3. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 東京マラソン 「参加自粛要請」でも返金せず 来年の参加料免除も苦渋の決断

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです