メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

AIと生きる/9止 不動産営業、自動で「追客」 パート、接客充実

メールとLINE(ライン)で不動産物件の接客業務をする緒賀みはるさん(右)と石丸知奈さん=松山市の不動産会社「日本エイジェント」で2017年12月、小関勉撮影(画像の一部を加工しています)

 「この表現は少しきついかな。どう返信したらいいだろう」。松山市の不動産会社「日本エイジェント」では、子育てや家事で忙しい3人のパートの主婦が、そんな会話をしながら働いている。メールや無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って月約200件の賃貸物件の問い合わせに対応する、ウェブ専門チームのメンバーだ。勤務は午前9時から夕方まで。夜間は不動産営業用の人工知能(AI)「ノマドクラウド」がフォローしている。

 東京のベンチャー企業「イタンジ」が開発したノマドクラウドは、夜に問い合わせが来ると、すぐに確認やお…

この記事は有料記事です。

残り1292文字(全文1545文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです