特集

羽根田卓也(カヌー)|東京オリンピック

「ハネタク」にはぶれない五輪への執念がある。悲願のメダル獲得を経て、たどり着いた極意は「水になる」

特集一覧

カヌー

五輪争うライバルに薬物 鈴木選手が飲料に混入

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本カヌー連盟は9日、カヌー・スプリント男子の鈴木康大(やすひろ)選手(32)が昨年9月に石川県小松市で開かれた日本選手権で2020年東京五輪出場を争うライバルの小松正治選手(25)の飲料に禁止薬物を混入していたことを明らかにした。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は規定違反(競技者に対する禁止薬物投与)で鈴木選手を8年間の資格停止処分とした。連盟は「極めて悪質」と鈴木選手を除名する方針。【小林悠太、松本晃】

 JADAなどによると、混入したのは筋肉増強効果のある禁止薬物「メタンジエノン」。鈴木選手はライバルがドーピング検査で陽性反応を示せば、五輪代表入りの可能性が高まるとして筋肉増強剤を自ら購入。日本選手権での選手が集まる場所で小松選手が飲料ボトルから離れたすきに混入させたという。

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文1037文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集