メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河野外相

「日本外交は危機に直面」中国念頭に懸念

河野太郎外相=川田雅浩撮影

 河野太郎外相は8日、中国の国際的な影響力拡大を念頭に、「日本の外交は危機に直面している。今までと同じことをやっていたのでは国益を守ることはできない」と述べ、懸念を示した。神奈川県茅ケ崎市であった支持者向けの会合で語った。

     河野氏は「中東やアフリカに行くと、中国が建てたビル、国会議事堂、橋、道路。どこへ行っても建設現場には中国語の看板が掛かっている」と指摘。

     「かつて日本のODA(政府開発援助)拠出が世界一という時は、日本の外相が来なくても通った時代があった。しかし、今、中国は世界中のほとんどの所で、日本のODAと民間企業の投資を足した何倍もの金額を落としている」と訴えた。【加藤明子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大リーグ イチロー、日本球界に復帰も 公式サイト伝える
    2. 傷害容疑 不必要に患者の歯削り損傷 歯科医師を逮捕
    3. 強盗 見せるため現金2千万円所持 被害者が証言 名古屋
    4. 長野・佐久穂 ケーブルテレビ映らない 問い合わせ相次ぐ
    5. イチロー 便り待つ冬 日米の古巣2球団、獲得意欲に差

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]