メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河野外相

「日本外交は危機に直面」中国念頭に懸念

河野太郎外相=川田雅浩撮影

 河野太郎外相は8日、中国の国際的な影響力拡大を念頭に、「日本の外交は危機に直面している。今までと同じことをやっていたのでは国益を守ることはできない」と述べ、懸念を示した。神奈川県茅ケ崎市であった支持者向けの会合で語った。

     河野氏は「中東やアフリカに行くと、中国が建てたビル、国会議事堂、橋、道路。どこへ行っても建設現場には中国語の看板が掛かっている」と指摘。

     「かつて日本のODA(政府開発援助)拠出が世界一という時は、日本の外相が来なくても通った時代があった。しかし、今、中国は世界中のほとんどの所で、日本のODAと民間企業の投資を足した何倍もの金額を落としている」と訴えた。【加藤明子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
    2. ドカベン 長寿野球マンガが完結へ 46年の歴史に幕 「チャンピオン」次号で最終章が最終回
    3. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
    4. EU あす報復発動 米製品の関税引き上げ
    5. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]