メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ゴールデン・グローブ賞

セクハラ「もう、おしまい」

 【ビバリーヒルズ(米カリフォルニア州)長野宏美】レッドカーペットが黒ドレスに染まった--。7日にビバリーヒルズで行われたゴールデン・グローブ賞の授賞式は、セクハラ問題への抗議や連帯の証しとしてほとんどの出席者が黒い装いで出席し、受賞あいさつでもセクハラ問題を意識した発言が相次いだ。

 授賞式冒頭、司会を務めるコメディアンのセス・マイヤーズさんは「紳士淑女の皆さん」で始まる決まり文句を「淑女と、生き残った紳士の皆さん」とセクハラ告発が相次いだことを笑いのネタにし、「ノミネートされた男性は今晩、この3カ月で初めて自分の名前を大声で呼ばれるのを怖がらなくて大丈夫」と皮肉った。

 黒い装いを呼びかけた一人、女優メリル・ストリープさんは女性労働者らの支援をする活動家の女性を伴って…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文780文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです