メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西宮神社

マグロ奉納、早くもえびす顔

西宮神社に奉納されたマグロにさい銭を張り付ける参拝客ら=兵庫県西宮市で2018年1月8日午前10時16分、菅知美撮影

 商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社・西宮神社(兵庫県西宮市)で8日、恒例のマグロの奉納があった。

     大漁を祈願し、神戸市東部水産物卸売協同組合などが約半世紀前から納める。今年は沖縄県産(体長2.3メートル、重さ230キロ)で刺し身にすると1200人分。おはらいの後、拝殿に供えられた。

     さい銭を張り付けると「お金が身につく」とされ、十日えびす(9~11日)の間、「招福大まぐろ」として飾られる。この日も早速、参拝客が硬貨をペタペタ。金運上昇を願って手を合わせると、早くもえびす顔に。【田辺佑介】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    2. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
    3. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
    4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    5. 西日本豪雨 真備の死者9割が自宅で 高齢で2階上がれず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]