メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

本郷 和人・評『龍の右目 伊達成実伝』吉川永青・著

政宗とともにあり戦国を生き抜いた男

◆『龍の右目 伊達成実(しげざね)伝』吉川永青(ながはる)・著(角川春樹事務所/税別1600円)

 東北の雄・伊達政宗には、二人の股肱(ここう)の臣がいた。一人は政宗の守り役、片倉小十郎。もう一人が竹馬の友でもある伊達成実(1568~1646)。成実は姓で分かるように政宗の一族(母方では従兄弟)。本書はこの成実を主人公とし、伊達家の戦いと仙台藩の成立を描く。

 片倉小十郎は外交などが得意だったため「文の人」として捉えられることが多く、その小十郎と好一対にする…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです