メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『動物になって生きてみた』チャールズ・フォスター/著

歴史の放つにおいをかぎとり大地と、祖先と一体化する

◆『動物になって生きてみた』チャールズ・フォスター/著 西田美緒子/訳(河出書房新社/税別1900円)

 見たことのない夢を見た。

 私は小さな四つ足の動物になっている。とんでもなく敏捷(びんしょう)な走りをしている自分を奇妙に思って手足を見ると、濃茶色の毛に覆われたケモノのそれになっている。下草の生い茂る森。前足で柔らかな黒土を掘りたて、超高速ブルドーザーとなって土中のトンネルを疾走……。

 なぜそんな夢を見たのか、理由は考えなくてもわかった。寝る前にこの本を読んだからだ。

この記事は有料記事です。

残り1307文字(全文1569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです