メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

作家・辻村深月さん 「お帰りなさい」の温かさ

辻村深月さん=根岸基弘撮影

 作家になって間もない2008年、結婚式を挙げることになり、地方の友人を招くため東京駅周辺で式場を探しました。皇居前という立地の良さと、料理がおいしいと聞いて見に行ったのが、丸の内にある東京会館でした。大正期に開業し、100年近い歴史があります。海外からの来賓を迎える民間の国際社交場として建てられました。

 ここに、芥川・直木賞の受賞会見や贈呈式の会場もあるとスタッフに聞かされ、案内してもらいました。会場…

この記事は有料記事です。

残り1533文字(全文1736文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 新商品 シーチキンとコンビーフが一つに 20日発売
  4. 夏の高校野球 日大三7年ぶりベスト4 下関国際を逆転
  5. 遺品整理 高額な追加料金、勝手に処分 トラブルにご用心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです