メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

作家・辻村深月さん 「お帰りなさい」の温かさ

辻村深月さん=根岸基弘撮影

 作家になって間もない2008年、結婚式を挙げることになり、地方の友人を招くため東京駅周辺で式場を探しました。皇居前という立地の良さと、料理がおいしいと聞いて見に行ったのが、丸の内にある東京会館でした。大正期に開業し、100年近い歴史があります。海外からの来賓を迎える民間の国際社交場として建てられました。

 ここに、芥川・直木賞の受賞会見や贈呈式の会場もあるとスタッフに聞かされ、案内してもらいました。会場…

この記事は有料記事です。

残り1533文字(全文1736文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]