メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

作家・辻村深月さん 「お帰りなさい」の温かさ

辻村深月さん=根岸基弘撮影

 作家になって間もない2008年、結婚式を挙げることになり、地方の友人を招くため東京駅周辺で式場を探しました。皇居前という立地の良さと、料理がおいしいと聞いて見に行ったのが、丸の内にある東京会館でした。大正期に開業し、100年近い歴史があります。海外からの来賓を迎える民間の国際社交場として建てられました。

 ここに、芥川・直木賞の受賞会見や贈呈式の会場もあるとスタッフに聞かされ、案内してもらいました。会場…

この記事は有料記事です。

残り1533文字(全文1736文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  2. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  5. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです