メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チャレンジテスト

揺れる内申、教員苦慮 「抜け穴」に困惑

 本格導入から3年目を迎える大阪府独自の統一テスト「中学生チャレンジテスト」。授業への姿勢や宿題の内容などを総合的に判断した学校側の5段階評定が、1回のテストで修正される生徒が年に延べ約2万人に上る実態が明らかになった。生徒の進路に影響するだけに現場の教員は苦悩し、保護者らの戸惑いも続いている。

 府南部の中学校で社会科を教える50代の男性教諭はチャレンジテスト対策で、今回も過去問や独自の予想問題を作った。「テストだけで測れない部分を評価するのが評定だが、生徒の評定を下げたくないので、何とか時間を作って対策をしている」と吐露する。

 昨年1月にあった1、2年生対象のテストでは、府南部の別の3校で計約300人が欠席し、2年生の半数以…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三重県内で新たに4人のはしか感染を確認 宗教団体、HPで謝罪
  2. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  3. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  4. インフルエンザで小学生男児死亡 長野
  5. ゾゾへの出品中止相次ぐ アパレル大手、値引きに反発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです