メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チャレンジテスト

揺れる内申、教員苦慮 「抜け穴」に困惑

 本格導入から3年目を迎える大阪府独自の統一テスト「中学生チャレンジテスト」。授業への姿勢や宿題の内容などを総合的に判断した学校側の5段階評定が、1回のテストで修正される生徒が年に延べ約2万人に上る実態が明らかになった。生徒の進路に影響するだけに現場の教員は苦悩し、保護者らの戸惑いも続いている。

 府南部の中学校で社会科を教える50代の男性教諭はチャレンジテスト対策で、今回も過去問や独自の予想問題を作った。「テストだけで測れない部分を評価するのが評定だが、生徒の評定を下げたくないので、何とか時間を作って対策をしている」と吐露する。

 昨年1月にあった1、2年生対象のテストでは、府南部の別の3校で計約300人が欠席し、2年生の半数以…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文746文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. おやつカンパニー ベビースターラーメンアイス29日発売
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. 流山男性刺傷 トラブルで口論「腹が立った」33歳女逮捕
  5. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]