メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

闘病で五輪断念、太田の長島和幸さん 支援に感謝の靴贈る OSA「先輩の姿に勇気づけられた」 /群馬

トレーニングに励むおおたスポーツアカデミーレスリング部の部員たち=太田市細谷町の市立太田高校で

 レスリング男子で2012年ロンドン五輪出場が有望視されていながら急性骨髄性白血病で五輪挑戦を断念した太田市出身の長島和幸さん(36)=福岡大学講師=が、闘病中の支援への返礼として、おおたスポーツアカデミー(OSA)レスリング部の小中学生たちにレスリングシューズを贈った。部員たちは「病気になってもレスリングに携わって頑張っている先輩の姿が誇らしい」と勇気づけられ、日々のトレーニングに新たな気持ちで励んでいる。

 長島さんは双子の兄正彦さんと、OSAレスリング部の前身、太田ミニレスリングクラブに小学生から通い始…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです