メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

闘病で五輪断念、太田の長島和幸さん 支援に感謝の靴贈る OSA「先輩の姿に勇気づけられた」 /群馬

トレーニングに励むおおたスポーツアカデミーレスリング部の部員たち=太田市細谷町の市立太田高校で

 レスリング男子で2012年ロンドン五輪出場が有望視されていながら急性骨髄性白血病で五輪挑戦を断念した太田市出身の長島和幸さん(36)=福岡大学講師=が、闘病中の支援への返礼として、おおたスポーツアカデミー(OSA)レスリング部の小中学生たちにレスリングシューズを贈った。部員たちは「病気になってもレスリングに携わって頑張っている先輩の姿が誇らしい」と勇気づけられ、日々のトレーニングに新たな気持ちで励んでいる。

 長島さんは双子の兄正彦さんと、OSAレスリング部の前身、太田ミニレスリングクラブに小学生から通い始…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです