コアラ

4頭で仲良く 横浜から「ユイ」と「ユウキ」、繁殖に期待 多摩動物公園 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 多摩動物公園(日野市)に9日、横浜市立金沢動物園から2頭のコアラが仲間入りした。雌の「ユイ」(4歳)と雄の「ユウキ」(7歳)。午前11時、2頭は金沢動物園のワンボックス車で多摩動物公園に到着した。昨年12月には神戸市立王子動物園から雄の「コタロウ」(2歳)が来園しており、多摩動物公園のコアラは、2014年に来園した雄の「タイチ」(5歳)とあわせ4頭に増えた。

 多摩動物公園などコアラを飼育している国内の動物園は、飼育しているコアラの減少を食い止めようと、コアラのペアづくりや繁殖に協力して取り組んでいる。多摩動物公園には昨年秋まで、タイチと雌の「ミライ」の2頭がおり、同園はタイチとミライとの間で繁殖を目指したが、相性が合わず、ミライは昨年9月、別のコアラとの繁殖のため、東山動植物園(名古屋市千種区)に移動。多摩動物公園のコアラはタイチ1頭になっていた。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文638文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集