メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR沼津駅鉄道高架事業

反対集会に市民280人 /静岡

 JR沼津駅周辺の鉄道高架事業に反対する「鉄道高架を見なおし沼津を元気にする市民集会」が8日、沼津駅北口広場で開かれ、約280人が集まった。

 集会では実行委員会の斎藤賢一郎副委員長が「事業費が1300億円かかり完成まで20年。我々のまち沼津を沈滞させる事業」と事業を批判。川口三男市議(共産)は昨年9月に市が示した長期財政試算について「ウソとごまかしの試算」と批判した。参加者は「将…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです