メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盆梅展

春の香り、湖北に漂う 竹生島表現した作品も きょうから長浜で /滋賀

甘い香りがほのかに漂う長浜盆梅展の会場=滋賀県長浜市港町で、若本和夫撮影

 湖北の新春の風物詩「第67回長浜盆梅展」が10日、長浜市港町の慶雲館で開幕する。3月11日まで、約300鉢の中から見ごろに合わせて常時約90鉢を展示する。

 報道関係者向けの内覧会が9日にあった。樹齢伝350歳の八重咲き淡紅梅「さざれ岩」(高さ約2・8メートル)や同150歳の一重咲き淡紅梅「林光」(同約1・8メートル)などが並び、梅の甘い香りがほのかに漂っていた。

 今回は盆梅の前に水盤を置いて梅の姿を水に映し出す「逆さ盆梅」や、琵琶湖に浮かぶ竹生島をイメージして梅を配置した「梅生島」など、来場者が楽しめるように工夫をこらした展示もある。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 広報動画は賛成誘導 担当局の課長発言

  2. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  3. はんこは害悪=不見識 山梨県知事、河野氏に苦言「押印と区別を」

  4. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  5. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです