メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

ICAN平和賞 オスロ訪問 現地の高揚感伝える 被爆者ら報告会 /広島

ノルウェーの新聞を手に報告をする広島県被団協の佐久間邦彦理事長(中央)=広島市中区で、小山美砂 撮影

 国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のノーベル平和賞授賞式があったオスロを訪問した被爆者らの報告会がこのほど、中区のカフェであった。

 県被団協の佐久間邦彦理事長(73)ともう一つの県被団協の箕牧智之副理事長(75)、被爆2世で広島市の被爆体験伝承者を務める東野真里子さん(65)が、参加者約20人の前で写真を示しながら、現地の盛り上がりぶりを伝えた。

 佐久間理事長らはNGO「ピースボート」が企画したツアーに参加し、昨年12月7~13日の行程で現地を…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『大家さんと僕』舞台のアパートで福山雅治が映画撮影 矢部太郎も郵便局員役で出演

  2. かんぽ再開、3度目延期へ 不正契約9000件に 調査完了のめど立たず

  3. いじめ訴える女児に適切な対応せず、自殺未遂 山口・下関の市立小

  4. 悼む 大相撲の井筒親方、元関脇・逆鉾 井筒好昭さん=9月16日死去・58歳

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです