メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートを歩く

心に響いた瞬間 永遠に=高知美術研究会・北泰子 /高知

 山下隆文写真展「風の聲・森の音2017」が昨年11月から12月に掛けて、香美市土佐山田町のレストランHEATH(ヒース)で開催された。12年の日経ナショナルジオグラフィック写真賞ネイチャー部門最優秀賞を受賞した海の写真をはじめとする近年6~7年間の高知の海、川、蛍、野鳥をテーマとする代表作が並んだ。ヒースの公文拓さんからの「商業写真ではない写真が欲しい」という要望に応え、引き受けたパウンドケーキなどの写真撮影がきっかけで、4年ぶりの個展が香美市で実現した。レストラン奥の展示スペースとテーブルのある壁面に約30点の作品が並んだ。会場で、山下さんに話を聞いた。

 54年高知市生まれの山下さんは、子どもの頃から森や田んぼ、川で遊んで育った。高校卒業後、地元の企業…

この記事は有料記事です。

残り995文字(全文1327文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです