南北閣僚級会談

北朝鮮、五輪参加表明 非核化には反発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
南北閣僚級会談終了後、採択された共同報道文を交換する韓国の趙明均統一相(左)と北朝鮮の祖国平和統一委員会の李善権委員長=板門店で9日、ロイター
南北閣僚級会談終了後、採択された共同報道文を交換する韓国の趙明均統一相(左)と北朝鮮の祖国平和統一委員会の李善権委員長=板門店で9日、ロイター

 【ソウル米村耕一】韓国と北朝鮮の閣僚級会談が9日、南北の軍事境界線にある板門店(パンムンジョム)の韓国側施設「平和の家」で開かれ、北朝鮮側は2月9日開幕の平昌(ピョンチャン)冬季五輪への参加と高位幹部らによる大規模な代表団の派遣や、南北軍事当局者会談の開催などで合意した。韓国側は会談の中で北朝鮮の核・ミサイル問題に関連して「朝鮮半島での緊張を高める行為の中断と非核化などのための対話再開が必要だ」と呼びかけたが、北朝鮮側は強く反発した。

 会談は午前10時から午後8時過ぎまで休憩を挟みながら断続的に進められ、9日夜に共同報道文を採択して終了した。

この記事は有料記事です。

残り1045文字(全文1320文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集