メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「常々良しの晴れ着なし」ということわざが昔あった…

[PR]

 「常々(じょうじょう)良しの晴れ着なし」ということわざが昔あった。日ごろ美しく着飾っている人にはこれといった晴れ着がないという意味で、そういう人をうらやんでの言葉ではない。逆に見下したことわざらしい▲「褻(け)無いよしの晴れ無し」も同じ意味で、褻は日常のこと、この場合は普段着を指す。一方、晴れ=ハレは祭りや祝いの特別の日を示し、民俗学者の柳田国男(やなぎた・くにお)はこの「ハレ」と「ケ」との対照から昔の日本の生活文化をとらえ直した▲その柳田が近代化によってハレとケとの区別が薄れ、混乱していることを指摘したのはもう90年近くも前だった。なるほど昔の人から見れば毎日がお祭りのようで、「常々良し」の今日である。しかし「晴れ着」はなくならなかった▲業者の名称が「はれのひ」と聞けば、何かの悪ふざけかと耳を疑おう。成人式当日、晴れ着のレンタル・着付け業者が行方をくらましたという前代未聞(ぜんだいみもん)の騒動である。契約していた新成人の多くには気のめいる「ハレの日」となった▲経営状態が悪ければ店をたたむのは当然だが、よりによって「ハレ」の当日とは「夜逃げ」にも仁義はないのか。「だまされた」と感じた新成人や親たちが警察に駆け込んだのも分かる。“被害総額”は数千万円にも上りそうだという▲お宮参りに七五三、入学式や卒業式……こと子の成長にまつわる晴れ着文化の盛り上がりは昔以上の現代である。そこにつけこんだ経営者は、人のハレをだいなしにした責任の大きさを今から思い知るだろう。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです