メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

南北会談(その2止) 包囲網の分断警戒 日米静観「五輪限定」

 【高橋克哉、ワシントン高本耕太】日本と米国は、南北閣僚級会談の実現は国連安全保障理事会の制裁決議などの国際的包囲網が北朝鮮の対話姿勢を引き出したととらえ「最大限の圧力」を続ける姿勢を崩していない。南北対話が平昌(ピョンチャン)冬季五輪での協力に限定されるとみて静観しているが、民族団結が優先され北朝鮮の核・ミサイル開発に対する国際社会の圧力路線が分断される展開を警戒している。

 菅義偉官房長官は9日の記者会見で、平昌五輪への北朝鮮の参加意向について「五輪は平和の祭典だ。北朝鮮…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです