メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

挑む

2018自民総裁選/2 岸田文雄政調会長(60) 確証なき禅譲路線 「加藤の乱」トラウマ重く

 「(9月の自民党)総裁選にどう臨むか、まだ秋まで時間がある。日本の政治にどのように貢献できるかを考える中で総裁選の対応も考えていく」

 4日、地元・広島市で自宅近くの神社に初詣をした自民党政調会長の岸田文雄は、集まった記者団を前に慎重な物言いに終始した。

 東京都議選での自民党惨敗から半月が過ぎた昨年7月20日夜、都内のホテルで岸田は安倍晋三首相と向かい合っていた。安倍のもとで4年7カ月務めた外相職の続投を固辞しつつ「首相を全力で支える」と伝えた岸田に、安倍は「宏池会を大切にする」と約束した。

 外相の実績に加え、党三役を経験することによって「ポスト安倍」候補に名乗りを上げる岸田の思惑は明らかだった。内閣支持率の低下で政権が弱体化していた当時の安倍に岸田派「宏池会」(現在45人)を敵に回す余力はなかった。

この記事は有料記事です。

残り1321文字(全文1676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです