メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

お正月のもちをめぐって=農業ジャーナリスト・青山浩子

 毎年「正月用に」と知り合いの農家がもちを贈ってくれる。今年に限り、開封前に小さなカビの生えたもちがあった。正月に親戚にその話をすると、「実は」と、過去におすそわけした別の農家のもちにもカビが生えていたなど、喉のつかえがとれたように親戚が話し始めた。話題が出なければ声なき声として終わっていただろう。農家に即座に伝える必要性を感じつつ、食品メーカーが製造する長期保存が可能な包装もちに慣れて、「もちにカビはつきもの」という感覚が希薄になったとも感じた。

 包装もちの生産量は年々増え、年齢別では20代の購入量が微増している。全国餅工業協同組合によると20…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文712文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  2. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 第90回都市対抗野球 「忘れ物、取りに行く」 三菱重神戸・高砂、神戸市長に意気込み /兵庫
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです