メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最高裁判事

初の旧姓、宮崎氏表明 「選択的別姓問題ない」

記者会見する宮崎裕子・最高裁判事=最高裁で2018年1月9日午後4時2分、和田大典撮影

 9日付で弁護士から最高裁判事に就任した宮崎裕子氏(66)は同日、最高裁で記者会見し、最高裁判事としては初めて旧姓を通称使用すると表明した。また、夫婦別姓を巡る議論にも触れ「選択的別姓であれば全く問題ないのでは。価値観が多様化している現代では、可能な限り選択肢を用意することが重要だ」との見解を示した。

 最高裁は昨年8月まで判決などで全裁判官の旧姓使用を認めず、最高裁でも過去5人の女性判事はいずれも戸籍姓を用いてきた。

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号、24~25日に東日本から東北に接近の恐れ 土砂災害など警戒を

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 歌手の守屋浩さん死去 81歳 「僕は泣いちっち」「大学かぞえうた」

  5. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです