特集

第80期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が挑戦する第80期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 渡辺明棋王-豊島将之八段 第37局の3

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

長考、また長考

 56分後、豊島は[後]8四飛と浮いた。相手の攻めを呼び込むリスキーな手だが、後手としては一番強い受け方という。よしあしは別にして、妥協を排する豊島将棋の特長が出た場面だった。

 渡辺は「[後]8四飛は危ないと思っていたので、深く読んでいなかった」と話す。しかし来いと迫られた以上、引き下がれない。入念に読みを入れ、[先]7一角と打った。偶然にもまったく同じ56分の長考だった。こうなると一本道の進行。渡辺は当然の[先]4四同飛に夕食休憩を挟む1時間14分の時間を投入し、終盤の見通しを立てた。

 [先]8二同馬の局面。後手は[先]3四桂を消すために[後]3三銀と手を入れたいが、[先]3四歩([後]3四同銀は[先]4四桂)で逆効果だ。豊島は7筋に味付けしておくのを得策と判断したが、単に[後]2九飛と打ち、手を渡すのも有力だった。持ち歩の数で展開がガラリと変わるという。

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文765文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集