メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦A級順位戦 渡辺明棋王-豊島将之八段 第37局の3

長考、また長考

 56分後、豊島は[後]8四飛と浮いた。相手の攻めを呼び込むリスキーな手だが、後手としては一番強い受け方という。よしあしは別にして、妥協を排する豊島将棋の特長が出た場面だった。

 渡辺は「[後]8四飛は危ないと思っていたので、深く読んでいなかった」と話す。しかし来いと迫られた以上、引き下がれない。入念に読みを入れ、[先]7一角と打った。偶然にもまったく同じ56分の長考だった。こうなると一本道の進行。渡辺は当然の[先]4四同飛に夕食休憩を挟む1時間14分の時間を投入し、終盤の見通しを立てた。

 [先]8二同馬の局面。後手は[先]3四桂を消すために[後]3三銀と手を入れたいが、[先]3四歩([後]3四同銀は[先]4四桂)で逆効果だ。豊島は7筋に味付けしておくのを得策と判断したが、単に[後]2九飛と打ち、手を渡すのも有力だった。持ち歩の数で展開がガラリと変わるという。

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです