連載

レジェンドの伝言

4年に1度の大舞台は選手の心に何を与えるか。過去の冬季五輪を沸かせた名選手たちに、思い出や、そこで得た教訓、平昌五輪に臨む選手たちへの提言などを語ってもらった。

連載一覧

レジェンドの伝言

平昌に臨む選手たちへ/2 金の可能性、目白押し スピードスケート・アルベールビル五輪銅 橋本聖子さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
橋本聖子さん=佐々木順一撮影
橋本聖子さん=佐々木順一撮影

 --日本スケート連盟会長を務めて10年あまり。昨年末の五輪代表選考会の終了後には、自ら会場のリンクに立ったそうだが。

 ◆自分用に製作してもらった(かかとの部分が刃から離れる構造の)スラップスケートの靴で一度も400メートルのリンクを滑ったことがなくて、いい機会と思った。(1997年から普及した)スラップスケートでレースを滑ったことがないが、氷に乗る感触を確かめるのは、選手の気持ちに寄り添うためにも重要だと思っている。

 --女子の高木美帆(日体大助手)ら、ナショナルチーム(NT)で強化した選手の活躍が著しい。

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1143文字)

あわせて読みたい

注目の特集