メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外白鵬が秋場所V 幕内通算1000勝
AI

インフラ点検に活用 負担減、効率化狙う 国交省開発へ

トンネル上部を打音点検する作業員。国土交通省は点検にAIの活用を考えている=長野県の恵那山トンネルで、山口政宣撮影

 国土交通省は来年度から、道路にかかる橋やトンネルなどインフラの点検で土木技術者を支援する人工知能(AI)の開発を始める。高度経済成長期以降に整備されたインフラの多くは老朽化が進むが、維持・管理する自治体は人手不足に直面している。国交省は作業を支援するロボットの開発も目指し、作業の効率化で負担減を図る。【酒井祥宏】

 国交省によると、橋やトンネルを管理する国や都道府県、市町村などは、2014年7月から5年に1度の点…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文898文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  3. 食品衛生法違反 食中毒出し営業続行 容疑の料理店、書類送検 小牧署 /愛知
  4. 交通事故 青森の国道で車4台衝突 3人死亡、5人けが
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです