メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生き抜いて

阪神大震災23年 家族の笑顔、命の力 被災者同士で結婚 新川愛さん

被災した自宅の跡地に整備された公園で家族と遊ぶ新川愛さん(中央)=神戸市長田区で2017年12月16日、久保玲撮影

新川愛さん(42)

 人工の小川が流れ、子どもの歓声が響く神戸市長田区の水笠通公園。阪神大震災が起きるまで、ここには街があった。新川愛さん(42)=同区=はこの地にあった自宅で被災し、母と祖母を亡くした。一時暮らした避難先で夫修平さん(43)に出会い、娘3人に恵まれた。笑顔あふれる5人家族。その裏側には、つらい記憶を夫婦で受け止めてきた23年の月日がある。この冬、改めて娘たちに伝える。「生きていること、幸せなことは、当たり前じゃないんやで」【道岡美波】

 震災で愛さんの自宅は全壊し、1階で寝ていた母恵子さん(当時55歳)と祖母菊江さん(同87歳)が犠牲…

この記事は有料記事です。

残り892文字(全文1169文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  3. 世界の雑記帳 中国男性が自撮り中に高層ビルから転落死、国営紙は相次ぎ警鐘
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 悪ふざけ投稿 尻にポンプ車ホース…ツイートの消防士処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです