特集

皇位継承

安定的な皇位継承を巡る議論が平行線をたどっています。天皇陛下より若い資格者は、秋篠宮さまと長男悠仁さまだけです。

特集一覧

退位儀式準備委

伝統考慮し検討 憲法との整合性焦点

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
天皇の代替わりに伴う主な課題
天皇の代替わりに伴う主な課題

 政府は9日、2019年4月30日の天皇陛下の退位と翌5月1日の皇太子さまの新天皇即位に伴う式典準備委員会の初会合を首相官邸で開いた。基本方針を3月中旬をめどに取りまとめる。明治以降初めてとなる退位の儀式については天皇の国政関与を禁じる憲法との整合性が焦点になる。即位の儀式は平成の代替わりの際の前例を踏襲する。【田中裕之、樋口淳也、高島博之】

 式典準備委は菅義偉官房長官をトップに、杉田和博官房副長官や内閣法制局長官、宮内庁長官、内閣府事務次官ら7人で構成する。菅氏は「退位は憲政史上初めてだ。国民の祝福の中、つつがなく行われるよう最善を尽くす」とあいさつした。

この記事は有料記事です。

残り1940文字(全文2222文字)

【皇位継承】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集