メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ

自動運転EV 配送・相乗りも 米家電見本市

トヨタ自動車が発表した次世代型電気自動車(EV)のイー・パレット=米西部ラスベガスで2018年1月8日、清水憲司撮影

 【ラスベガス清水憲司、釣田祐喜】トヨタ自動車は8日、米ネット通販大手アマゾン・コムや米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズなどと連合を組み、バス型の自動運転電気自動車(EV)の開発を進めると表明した。自動運転やライドシェアなど新たな技術・サービスが次々と登場する中、車を使う側の視点を重視しないと生き残れないと判断。他業種との開発連携にかじを切る。

 「技術の進歩が自動車業界を急速に変えようとしている。競争はもはや車作りだけではない」。豊田章男社長は8日、家電見本市「CES」の開幕を控えた米西部ラスベガスでこう語った。競争相手として挙げたのは、自動運転技術の開発に加え、スマートフォンを通じクルマの利用者との接点を増やす米グーグルやアップルだった。「私の目標はトヨタを自動車メーカーからモビリティー(移動)会社に移行すること」とも述べた。

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1371文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです