メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴れ着トラブル

「営業困難」の張り紙のみ 福岡天神店

店は閉まったままで、張り紙だけ出されたはれのひ福岡天神店=福岡市中央区で2018年1月9日午前10時44分、遠山和宏撮影

 8日は営業していた「はれのひ福岡天神店」(福岡市中央区)も9日には閉じられ、入り口に「営業困難となった」と伝える張り紙があるだけだった。同市の成人式は8日にあったが、来年以降の成人式などのために予約していた客も多いとみられ、「払ったお金は返ってくるのか」といった相談が9日夕方までに市消費生活センターに30件、福岡県警に11件寄せられた。

 同日昼に店を訪れた福岡県新宮町の女性(47)は来年成人式を迎える長女(19)のために晴れ着レンタルを予約し、27万円を支払い済みという。「大阪の大学に通う娘と早めに準備を始め、最初に勧誘の電話があった『はれのひ』に決めた。被害届を出そうと思う」と力なく話した。

 「はれのひ」の登記上の本店は福岡市博多区のビル内の「レンタルオフィス」にある。オフィスを貸し出している企業によると、日本で挙式する中国人カップル向けのコンサルタント会社という説明を受け、2012年10月から月額約2万円で契約した。途中で「はれのひ」に社名を変えたという連絡はあったが、業務内容変更の連絡はなかった。

 昨年5月から賃料の滞納が始まり、督促もしたが約束した昨年末までの入金はなかったという。レンタルオフィスの社長は「お盆ごろから経営が苦しそうだった」と語った。【下原知広、青木絵美】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 座間事件 当初、集団自殺疑う声 女子高生2人不明
  2. 座間事件 容疑者と半年間同居 女性、優しい言葉信じ
  3. 下町ボブスレー “五輪出場”の夢がピンチに
  4. 社説 平昌五輪開会式と首相 むしろ出席した方がいい
  5. 北上製紙 7月末に全事業停止へ 解散・清算を検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]