最高裁判事

宮崎裕子氏が旧姓使用を表明 女性6人目で初

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する宮崎裕子・最高裁判事=最高裁で2018年1月9日午後4時2分、和田大典撮影
記者会見する宮崎裕子・最高裁判事=最高裁で2018年1月9日午後4時2分、和田大典撮影

 9日付で弁護士から最高裁判事に就任した宮崎裕子氏(66)は同日、最高裁で記者会見し、最高裁判事としては初めて旧姓を通称使用すると表明した。また、夫婦別姓を巡る議論にも触れ「選択的別姓であれば全く問題ないのでは。価値観が多様化している現代では、可能な限り選択肢を用意することが重要だ」との見解を示した。

 最高裁は昨年8月まで判決などで全裁判官の旧姓使用を認めず、最高裁でも過去5人の女性判事はいずれも戸籍姓を用いてきた。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文497文字)

あわせて読みたい

注目の特集