メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今宮戎神社

「商売繁盛、ササ持って来い」十日戎始まる

福娘に縁起物を付けてもらう参拝客でにぎわう今宮戎神社=大阪市浪速区で2018年1月9日午後5時51分、大西岳彦撮影

 商売繁盛を願う今宮戎(えびす)神社(大阪市浪速区)の祭礼「十日戎」が9日、始まった。「商売繁盛、ササ持って来い」のかけ声が響く境内や、出店が並ぶ周辺は参拝客でごった返した。

     祈願に訪れた人は、金色の烏帽子(えぼし)をかぶった福娘から、福ザサに大判や米俵などの縁起物を結んでもらっていた。IT企業で働く兵庫県尼崎市、庄司孝壮さん(52)は「2019年の新しい元号に向けて仕事が忙しくなりそう。少しずつ景気がよくなれば」と期待を込めていた。10日の本戎、11日の残り福の計3日間で約100万人の人出を見込んでいる。【藤河匠】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    2. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
    5. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]