メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受験と私

プロ雀士の松嶋桃さん「机の前に座るのが嫌いだったから、座らないで勉強した」

 「小学生になるのだから、マージャンくらい打てなくちゃ」という祖父に教わり、幼い頃からマージャンに親しんできたプロ雀士の松嶋桃さん。京大法学部出身で、昨年末には初の著書「京大卒雀士『戦わない』受験勉強法」を出版しました。志望校を決めたのは高校2年生の終わりと遅かったものの、マージャンで鍛えた論理的思考と洞察力で現役合格を果たしました。攻撃的なスタイルから「京大式小型肉食獣」という異名を持つ松嶋さんは、どのように受験を攻略したのでしょうか。【聞き手・中嶋真希】

 幼い頃から、正月に母の実家で親戚がマージャンをするのをよく見ていました。牌(パイ)の絵柄がカラフルだし、キャラメルみたいでおいしそうだと思っていました。祖父に「小学生になるんだから、将棋とマージャンくらい打てなくちゃだめだ」と言われ、2、3日でルールを教わりました。マージャンセットの中に入っていた役の一覧を持ち帰って、ずっと見ていました。図鑑をながめるのが好きだったし、子供って、興味があるとずっ…

この記事は有料記事です。

残り2832文字(全文3263文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです