連載

どうすれば安全安心

地震や医療、社会保障など危険や不安がいっぱいの時代。安全安心のための記事をお届け。

連載一覧

どうすれば安全安心

CAR-T細胞療法とは 遺伝子操作、がん攻撃力強化

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
CAR-T細胞療法の仕組み
CAR-T細胞療法の仕組み

 自分の体内から取り出した免疫細胞を遺伝子操作し、がんを攻撃する能力を高め、再び体内に戻す新たな治療法が昨年、一部の白血病を対象に米国で承認された。「キメラ抗原受容体T(CAR-T)細胞療法」と呼ばれる治療で、国内でも研究に着手している。どのような仕組みでがん細胞を攻撃するのだろう。【庄司哲也】

患者の多くが完全寛解/集中治療室でのケアも/高額な治療費が課題に

 「腫瘍を発見したら、迷わずに攻撃するT細胞を作り出し、加えて爆発的に増殖するようにも改変する。それが『CAR-T』です」。そう話すのは、国立がん研究センター免疫療法開発分野長の吉村清さんだ。

 T細胞は、リンパ球と呼ばれる細胞の一種で、体を異物から守る免疫の役割を担っている。さまざまな働きをしているが、その中で細菌やがん細胞を攻撃するものを「キラーT細胞」と呼んでいる。

この記事は有料記事です。

残り1995文字(全文2361文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集