メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

本島美和 積み重ね、役の幅広がり 新国立劇場バレエ団、ともに成長

「ホフマン物語」でジュリエッタを演じる本島美和(左)。右はホフマン役の菅野英男=太田康男撮影

 舞台芸術の殿堂として、東京・初台の地で開場20周年を迎えた新国立劇場。付属のバレエ研修所が開設された2001年に入所以来、劇場と共に育ち、今や大輪のプリンシパル(最高位)としてバレエ団に咲き誇るのが、本島美和だ。「パ・ド・カトル」の座長格・タリオーニ役で、新年の幕開けをたおやかに飾ったばかり。来月は「ホフマン物語」で、主人公を惑わせる妖婦などを演じる。「年齢を重ねるごとに役幅が広がっていくのがうれしい。バレエ団も『成人』となり、ますます充実しています」と、本拠の節目に感慨深げだ。

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1218文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです