メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外夫婦別姓訴訟、サイボウズ社長の賠償請求棄却 東京地裁
Interview

本島美和 積み重ね、役の幅広がり 新国立劇場バレエ団、ともに成長

「ホフマン物語」でジュリエッタを演じる本島美和(左)。右はホフマン役の菅野英男=太田康男撮影

 舞台芸術の殿堂として、東京・初台の地で開場20周年を迎えた新国立劇場。付属のバレエ研修所が開設された2001年に入所以来、劇場と共に育ち、今や大輪のプリンシパル(最高位)としてバレエ団に咲き誇るのが、本島美和だ。「パ・ド・カトル」の座長格・タリオーニ役で、新年の幕開けをたおやかに飾ったばかり。来月は「ホフマン物語」で、主人公を惑わせる妖婦などを演じる。「年齢を重ねるごとに役幅が広がっていくのがうれしい。バレエ団も『成人』となり、ますます充実しています」と、本拠の節目に感慨深げだ。

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1218文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  4. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  5. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです