メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

珍渦虫

日本近海で新種 動物の祖先知る鍵に?

神奈川県三浦半島沖で採取された珍渦虫の新種。体長約5センチ。左側が前方で、海底をはうようにして移動する=大森紹仁・新潟大助教提供

 脳や肛門を持たず、謎の多い海生生物「珍渦虫(ちんうずむし)」の新種を日本近海で発見したと、筑波大などのチームが発表した。西太平洋では初めてで、従来の発見地より採取しやすい海域で見つかった。構造が単純で、多くの動物の祖先に共通する特徴を持っている可能性があり、生物の進化について研究の進展が期待される。珍渦虫はこれまで世界で5種が確認されていた。肛門のほか…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネットフリックス 時価総額16兆7千億円ディズニー抜く
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. 働き方改革関連法案 高プロ「働かされ放題」の恐れ
  4. 柴俊夫さん 児童養護施設出た若者支援に日本酒
  5. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]