メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知・豊田市稲武地区

魅力発信、来たれ移住者 自然の遊び場「まずファンに」 社長が募集

 地域と会社が持続して発展できるようにしたい--。過疎化が進む愛知県豊田市の中山間地・稲武地区で、車載シートカバーの縫製を手掛ける「トヨタケ工業」の社長、横田幸史朗さん(42)が、移住者の呼び込みに取り組んでいる。「田舎ならではのコンパクトな暮らしを示したい」と語り、仕事と自然を組み合わせた働き方も提案する。

 昨年12月上旬の休日、横田さんは雪が覆った稲武の起伏の続く山道で草を刈り、マウンテンバイクのコース…

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文849文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシング 村田、進退明らかにせず 敗戦後、睡眠30分
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです