メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大地みらい信金

地域の人々と苦難共に 「100年史」、根室空襲・狭まる漁場・減船…写真や証言まとめ /北海道

 2016年に創立100周年を迎えた大地みらい信用金庫(本店・根室市、遠藤修一理事長)が「100年史」をまとめた。経済や金融分野の歩みにとどまらず、江戸時代にまでさかのぼって歴史や産業、文化など地域の軌跡をたどったA4判オールカラー455ページの大著となっている。【本間浩昭】

 100年史は、江戸時代に松前藩によるアイヌ交易で徳川家康に献上されたラッコの毛皮の話で始まる。

 明治初期の樺太・千島交換条約以降、根室市は北方四島をはじめとする千島列島の母都市となり、日露戦争後…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文663文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです