懲戒処分

43歳弁護士を戒告 示談交渉に遅れ /福井

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 刑事裁判での弁護活動を巡って、被害者との示談交渉に著しい遅れがあったなどとして、福井弁護士会が会員の土橋伸吾弁護士(43)を戒告の懲戒処分にしていたことが分かった。昨年10月25日付。

 弁護士会によると、土橋弁護士は刑事裁判を担当した際、被害者との示談交渉や保釈申請に著しい遅れがあったほか、控訴の…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文267文字)

あわせて読みたい

ニュース特集