メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今日も1日ワンだふる!

/7 NPO法人「らぽーる」(稲美町) 笑顔を運ぶセラピー犬 /兵庫

セラピー犬「えびす」と視線を交わすお年寄り(左)を見て、思わず笑みをこぼす飼い主の宮地ちえみさん=兵庫県稲美町の播磨サナトリウムで、浜本年弘撮影

 病気のお年寄りや障害者に癒やしを届けるセラピー犬の活動は多彩だ。小野市の土井病院(療養リハビリテーション型、141床)には、2012年から「えびす」(雄11歳)が毎月訪れている。

 先月19日に病院を訪れると、えびすは車椅子に座った藤原正昭さん(68)=加西市=と一緒に遊んでいた。藤原さんは、えびすの日程に合わせて通院したのだという。病気で右の手脚が不自由な藤原さんが左手でボールを床に転がすと、えびすがくわえ上げて藤原さんの元に運んでいた。

 「右手ではどうですか」とスタッフが問いかけた。藤原さんは少しためらった後、右手を使った。転がるボー…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  3. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  4. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです