メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとりの美

県立博物館から 鳥取藩絵師・根本幽峨×日本画家・菅楯彦 王朝時代の雅表す /鳥取

 2018年が明けました。みなさまは初詣には行かれましたでしょうか。行かれた方はどのようなお願いをされたでしょうか。長寿や健康、財福、豊穣を願い、新しい年の門出を祝うのは、今も昔も変わりありません。

 現在、県立博物館で開催中の「クロッシング!vol.5 根本幽峨(ねもとゆうが)×菅楯彦(すがたてひこ)」では、われわれに恵みをもたらしてくれる福神たちの姿や、新年を言祝ぐ大黒舞や萬歳などが描かれた作品も紹介しています。

 布袋や大黒などの、福々しい、いかにも楽しげな姿をみせる作品は、みている私たちをきっと笑顔にしてくれ…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです