メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとりの美

県立博物館から 鳥取藩絵師・根本幽峨×日本画家・菅楯彦 王朝時代の雅表す /鳥取

 2018年が明けました。みなさまは初詣には行かれましたでしょうか。行かれた方はどのようなお願いをされたでしょうか。長寿や健康、財福、豊穣を願い、新しい年の門出を祝うのは、今も昔も変わりありません。

 現在、県立博物館で開催中の「クロッシング!vol.5 根本幽峨(ねもとゆうが)×菅楯彦(すがたてひこ)」では、われわれに恵みをもたらしてくれる福神たちの姿や、新年を言祝ぐ大黒舞や萬歳などが描かれた作品も紹介しています。

 布袋や大黒などの、福々しい、いかにも楽しげな姿をみせる作品は、みている私たちをきっと笑顔にしてくれ…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文925文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 男逃走
  2. 東京・赤坂の飲食店員暴行「半グレ」上役か 容疑の男を逮捕
  3. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  4. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル
  5. 日本はデフレ 消費増税凍結しなければ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです