メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

110番の日

通報制度、周知へ 留学生が母国語で体験 下関 /山口

母国語で110番通報の訓練をする留学生(中央)

 「110番の日」の10日、県内各地で110番通報制度の周知に関するさまざまな啓発イベントが開かれた。下関市の下関署では、外国人留学生を対象とした体験型の110番通報訓練を実施した。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、県内でも訪日外国人が増えていることから、110番通報制度の周知と警察活動の理解を深めてもらうために初めて開いた。【上村里花】

 10日は市内の東亜大で日本語を学ぶ中国やネパール、ベトナムなどの留学生61人を対象に訓練を実施した…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文679文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 多言語 母国語を大切に 日本の絵本から翻訳、ネット公開
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです