メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

さぬきで陽性反応 畜産、飲食関係者ら困惑 県、対策本部設置 /香川

緊急開催された対策本部会議で防疫を指示する浜田恵造香川県知事=香川県庁で、植松晃一撮影

 さぬき市の農場で10日に発生した鳥インフルエンザの陽性反応。感染が確定すれば、県内で初めてとなる。地元の「讃岐コーチン」を売り出す関係者や飲食店関係者には驚きと戸惑いが広がった。県は浜田恵造知事を本部長とする対策本部を設置し、防疫対策を急ぐ。【岩崎邦宏、小川和久、山口桂子】

 対策本部の会議には幹部職員25人ほどが出席。浜田知事は「速やかに防疫対策を施したい」と呼びかけた。

 現場の農場は封鎖され、防護服を着た県職員らが出入りをチェックするなど物々しい雰囲気に包まれた。消毒のための石灰も準備された。

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです