メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高齢者虐待

施設職員26件、悪質事例も 養護者から495件、最多は「息子」 県16年度まとめ /福岡

 県は2016年度の高齢者の虐待状況をまとめた。養介護施設の職員などによる虐待は26件(前年度比5件減)あり、利用者をベッドに縛り付けたり薬を食事に混ぜたりするなど悪質な事例もあった。家族など養護者からの家庭での虐待は495件(同3件増)に上り、虐待したのは「息子」が最も多かった。【西嶋正法】

 県によると、有料老人ホームや特別養護老人ホームなどの施設での虐待内容(重複あり)は、たたくなど身体的虐待13件▽暴言など心理的虐待10件▽介護や世話の放棄6件▽財産を不当に処分するなどの経済的虐待3件。

 北九州地区の認知症対応型の共同生活介護施設では、介護職員が利用者の両手をベッドに縛り付け、柵を使っ…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文674文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加害者更生 ストーカー治療2割 大半が受診拒否
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  4. 介護 人手不足続く 需要高まるも負担増で悪循環に
  5. 故郷遥か 川口のクルド人 第3部/1 来日16年、入管収容の女性 「日本にいさせて」 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]