文・韓国大統領

慰安婦合意「受け入れ困難」 枠組みは変えず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ソウル米村耕一】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は10日、新年の記者会見を開き、2015年12月の慰安婦問題に関する日韓両政府合意について「受け入れることが困難だ」と改めて合意に対する強い不満を吐露した。一方で「破棄や再交渉を(日本政府に)要求して解決する問題ではない」とも強調し、日韓関係に配慮し大きく枠組みを変えない姿勢も示した。9日に行われた南北閣僚級会談については「南北関係改善を通じて、北朝鮮が非核化に向けた対話に出てくるよう誘導したい」と述べ、南北対話によって北朝鮮の核問題にも貢献できるとの見方を示した。(3面にクローズアップ、8面に会見要旨)

 文氏は会見で、慰安婦問題について「日本が真実の認定と心からの謝罪をした時、被害者が日本を許すことができ、それが本当の解決だ」と主張。国家間の外交交渉で解決しようとした朴槿恵(パククネ)政権での日韓合意は「公式的合意であることは否定できないが、間違った結び目はほどかなければならない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1164文字)

あわせて読みたい

注目の特集