メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

官房機密費

開示訴訟 19日、最高裁判決 「闇」、支出の一端に光か

 時の政権が無条件で使えるとされる内閣官房報償費(官房機密費)。その支出を巡り、大阪市の市民団体メンバーが国に関連文書の開示を求めた訴訟の上告審判決が19日、最高裁第2小法廷(山本庸幸(つねゆき)裁判長)で言い渡される。3件の高裁判決は、開示請求された5種類の文書のうち3種類の開示について判断が分かれた。最高裁は今回、統一判断を示す見通しで、「ブラックボックス」の一端に光が当たるか関係者は注目する。

 「情報が公開されなければ、真実とは異なる臆測をしてしまう場合がある。むしろ国は積極的に情報を開示し…

この記事は有料記事です。

残り2606文字(全文2857文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. 運慶作と伝わる帝釈天像内に木箱 X線調査で判明
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです