メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

挑む

2018自民総裁選/3 河野太郎外相(55) 政権主流へ、脱・異端児 「3年後」進次郎氏を意識

地元の新年会で外交について語る河野太郎外相=神奈川県茅ケ崎市で2018年1月8日、加藤明子撮影

 昨年8月の外相就任以来、寸暇を惜しんで海外を飛び回ってきた河野太郎も、年明けの8日は地元・神奈川県茅ケ崎市にいた。

 「先輩方が本当に丁寧に海外の国に援助してきた。それが今、日本外交の大きな財産になっている」

 市役所のコミュニティーホールで開かれた河野を囲む新年会。集まった支援者を前に河野は従来の外交路線を継承・強化していく姿勢を冗舌に語った。外務省に政府開発援助(ODA)の半減を求め、「害務省」と腐したこともある河野の君子豹変(ひょうへん)が際立つ。

 支援者からは「閣僚の中で一番活躍しているのが河野大臣だ」「政界でトップを取る準備ができた」などの声が上がったが、河野は今年9月の自民党総裁選には触れずじまい。かつては「湘南から未来の総理を」と鼻息の荒かった「跳ねっ返り」(地元関係者)の威勢のいい発言を期待した会場は肩透かしを食った。

この記事は有料記事です。

残り1318文字(全文1689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです