メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

古谷田奈月さん=「リリース」で第34回織田作之助賞

古谷田奈月(こやた・なつき)さん(36)

 吉報を編集者3人と共に喫茶店で受けた。「喜びを分かち合えたことに感謝したい」

 受賞作の舞台は、ジェンダーフリーの社会が確立した近未来の全体主義国家。性適合手術、国営の精子バンク、同性婚の支持者が多数派を占める。そんな現状を変革しようとマイノリティーになった異性愛者たちがテロを企てる。読者の価値観を揺さぶる斬新で刺激的な小説だ。

 ジェンダーフリーに対する考えの異なる人物が多数登場する。「男らしさ、女らしさなど『性差』を巡る常識…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです