希望新聞

東日本大震災 被災地から 忘れ得ぬ日、甚句に歌う 被災20人の思い、映画に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
毎月11日の月命日に甚句を奏でる藤原マチ子さん(右)と北村弘子さん=岩手県釜石市鵜住居町で2017年12月11日
毎月11日の月命日に甚句を奏でる藤原マチ子さん(右)と北村弘子さん=岩手県釜石市鵜住居町で2017年12月11日

 震災と原発事故に家族や生活の糧を奪われた岩手、宮城、福島の3県に住む20人が、四季の情景の中で、あの日から6年の思いを語った映画「一陽来復 Life Goes On」が3月3日から、東京や大阪で上映される。【中尾卓英】

 ♪あの日あの時

 甚句に読めばよ

 時は3月11日の

 忘れもしない大震災

 千年一度の大地震

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文906文字)

あわせて読みたい

注目の特集